FC2ブログ
緊縛された戦乙女
主に緊縛された戦う乙女たちの活躍(?)を描いております。
ライガーレディ危機一髪!!vol.7
ダークハンターの基地深くの地下牢に捕らわれの身となっていたライガーレディだが、突如牢内に現れたパンサーレディによって絶体絶命のピンチを切り抜けられるかと思われた。
しかし彼女の機嫌を損ねる態度をとってしまったことによって、再び口枷をはめられ元の木阿弥状態に……

ライガーレディ「ふぐぐッ!!んん~ッ!!んん~ッ!!」
パンサーレディ「さて、私はこのまま引き返してもいいのだけど、何もしないで帰るのもつまらないわ。せっかくだから、ちょっと楽しんでいこうかしら♡」
そう言うと、興奮した様子でライガーレディに迫るパンサーレディ、そして荒縄でぎっちりと緊縛された彼女の肢体を愛撫し始める………
ライガーレディ「ンんッ!!?」(な、なにを…!!?)
縄のきしむ音とともに、ビクンと反応するライガーレディの胸やお尻、太ももと順にゆっくりとやさしく撫でながらささやく……
パンサーレディ「ふふ、どう?こんなことされても抵抗できないでしょ♡」
そしてついにはライガーレディの股間にまで、細く長い指が伸びようとしていた。
パンサーレディ「あなた…可愛いわ、仔猫みたい♡」
ライガーレディ「ん!!…んん……!!んん~ん……!!」
嫌がるライガーレディ、自由の身であればいきなりこんなことをされたら、ビンタの一つでも飛んできそうなものだが、身体を頑丈な特殊ロープで縛り上げられている今、このパンサーレディの責めにあらがう術もなく、なすがままとなっていた。
ライガーレディ(ふぇ~!?こ、こいつってまさかレズ!?やだ!!やだ!!これって……ちょっと、やばい…かも……)
パンサーレディ「あら?あなた濡れているのね。うふ♡縛られて、敏感になってるのかしら♡縄に感じちゃうなんて、なんてやらしい娘なの?どうやらきついお仕置きが必要なようね♡」
ライガーレディ「ふぐぐぅ……!」(い、いや……や、やめ……て………!)
そう!!数々のダークハンターとの激しい戦いのなか、その超人的な力をいかんなく発揮してきたライガーレディではあるが、それと引き換えに、変身した彼女のカラダは非常に敏感となってしまうため、常に自身の激しいリビドーとのギリギリの戦いを強いられてしまうのだ!!
ましてや、緊縛されながらの百合プレイなどされようものなら、あまりの淫楽により彼女の精神は崩壊しかねないのである!!
そしてオンナを知り尽くしたパンサーレディの卓越した指先のテクニックの前に、最初は抵抗していたライガーレディも徐々に身体の力が抜けていき、その身をゆだね始めていく……
ライガーレディ「ん……んん…ふぐぐぅ………」(……だ、だめ…も……もう……ボク………)
パンサーレディ「あらあら、うふふ♡あなた、初めてかしら?安心して♡こう見えて、女の子の扱いは心得ているつもりよ♡けど意外だわ、あなたにこんな素直な面があったなんて………いい子ね♡可愛がってあげる♡」
ライガーレディ「ん~ん…んん……んん~ん……♡」
パンサーレディ「ふふ、可愛い♡」
気がつけば、一方的にリードしていたはずのパンサーレディも、息づかいがいっそう激しくなり興奮していた…

と、そのときパンサーレディの獣耳がピクリと反応し、突然正気に戻り出した。
パンサーレディ「ちっ、どうやら戻ってきたようね。まったく無粋な奴らだわ!!残念だけど、お楽しみもこれまでのようね。じゃあね仔猫ちゃん♡あなたが無事だったら、また続きをしましょ♡」
そう言い残すと、パンサーレディは牢の薄闇の中へと姿を消していった……
パンサーレディの聴覚は常人の数倍もあり、どうやら幹部たちが基地の外に到着したのを悟ったようだった。

ライガーレディ(………ふぅ…危なかった、ボク…もう少しで………そ、そんなことよりあいつら、もうすぐここに来るみたいだ。マジでこの縄何とかしなくちゃ!!拷問されちゃう!!)
ライガーレディ「んッ!!ん~ッ!!ふぐぐぅ!!むぐぅ~!!」
再び縄から逃れようと激しくもがくライガーレディ、しかしやはり縛めはまったくゆるまない。
ライガーレディ(くっそ~、どうしたらいいんだよ、まったくゆるむ気配もないなんて………あれ?あれはなんだろ…?)
よく見ると、先ほどパンサーレディが姿を消した辺りにナイフらしき物が落ちている。
ライガーレディ(これってあいつが落としていった物かな?さっきはこんなのなかったし……何はともあれラッキー!!これで何とかこの縄切れないかな……)
手足を縛られた不自由な身体のまま這いずりながら何とかナイフに近づき、上半身を起し尻尾でナイフを絡め取るライガーレディ。
そしてそのまま尻尾でつかんだナイフで、手首を縛る縄に切り込みを入れていく………
ぎしぎし……!!
ライガーレディ(くっ…!さすがに固いなぁ……け、けどこれならこの縄切れるかもしんない……)
ついに拘束を解く希望が見え始めたようだった!!

しかし、彼女を拷問にかけようとする幹部たちはすぐそこまで迫って来ていた!!
急げ!!ライガーレディ!!負けるな!!ライガーレディ!!


DLsiteとDMMにてCrysis緊縛画集を販売
http://crysis2013.x.fc2.com/html/doujin.html

ホームページ
緊縛!縄目の恥辱をうけし女傑
http://crysis2013.x.fc2.com
スポンサーサイト
[PR]

[PR]

ライガーレディ危機一髪!!vol.6
ダークハンターの手に堕ち、捕らわれの身となってしまったライガーレディはその身を強力な特殊な素材でできた縄で拘束され、絶体絶命のピンチに陥ってしまう。

脱出不可能な緊縛の前に意気消沈するライガーレディ。
ライガーレディ「…グス………」(ボク…これからどうなるんだろ………それにしても…なんて縛られ方されてるんだボク……く、喰い込んでるし……これってよくSMとかで女の人がされてる、なんとか縛りってやつかな?)
ライガーレディ「ん…んん……んん~♡」
ぎしぎし……女座りでよがり声をあげながら、緊縛された身体を妖しくくねりだすライガーレディ。
ライガーレディ(な、縄で縛られんのって、なんだか…変な気分になってくる…かも……こんなふうに縛られながらエッチとかしたらめっちゃ、ヤバそう………)
ライガーレディ「んん…んぐ…ふぐぐぅ……♡」
今度は縛られたまま立ち上がり、淫靡に荒縄が喰い込む、その肉感的でしなやかな肢体を艶めかしくよじりながら尻尾や腰を振りだした。
正義のヒロインとはいえ、彼女も思春期の生身の女の子、どうやら人並みに性に対する好奇心は持ち合わせているようだ。
ライガーレディ(や、やばいかも……だんだん気持ちよくなって………け、けど初体験でいきなり縛って、なんて……ちょっとハードルが高いかな……あん♡………ってボクいったい何やってんだよ…!!)

と、そのとき、ライガーレディ以外誰もいないはずの牢内に何者かの気配が…!!
女の声「あらあら♡お楽しみの最中だったかしら?」
ライガーレディ「ムググ…!?」(ふえっ!?パ、パンサーレディ!?な、なんでここに!?あっ、やば…!!今の見られたかな………)
パンサーレディとはライガーレディのライバルで、ことあるごとに対立してきた謎の女戦士である。
しかも、ライガーレディ以上にお色気ムンムンのおねえさまでもあるのだ♡
パンサーレディ「ふふっ!!」
不敵な笑いを浮かべながらライガーレディの後ろから彼女のうなじに絞められた、口枷のベルトに手をやり、ボールギャグをはずすパンサーレディ。
ライガーレディ「あふぅ……」(ふぇ~、チョ~苦しかったぁ~!!)
パンサーレディ「ずいぶん素敵な格好をしているのね、あなたにそんなシュミがあるとは知らなかったわ♡けど…なかなかセクシーだわ♡意外と縄が似合うのね、あなた♡」
ライガーレディ「ふ、ふん…!あいかわらず、どこにでも湧いて出るのね!!いったい、ダークハンターの手下様が何のご用かしら?どうせ、やつらに無様に捕まった私を笑いにでも来たんでしょうけどね!!」
パンサーレディ「あら、猿轡を外してあげた途端に、ずいぶんごあいさつじゃない?あいつらとは単なるビジネスだけの関係よ。別に仲間になったわけじゃないわ。」
そう、パンサーレディは以前、金で雇われダークハンターの用心棒をしていたこともあり、ライガーレディとは何度か衝突した経緯があった。
ビッチっぽい見た目とは裏腹に根が真面目なライガーレディは、金のために戦士の力を悪用するパンサーレディに対し、あまり良い感情を持っているわけはなかった。
パンサーレディ「そうねぇ~、あなたの返答次第で縄を解くか、再びこの猿轡を噛ませるか決めようかしら?顎がきついのはもういやでしょ?」
ライガーレディ「な、なによ……」
信用できない、というような目つきでパンサーレディを強く睨みつけるライガーレディ。
パンサーレディ「実は今大きな仕事を請け負っていてね、私ひとりじゃ、ちょっと手こずりそうなのよ。だからあなたに手伝ってもらいたくてね、もちろんギャラは山分けってことでいいわよ♡」
ライガーレディ「!?私に悪事の片棒を担げって言うの!?ふん!!お断りよ!!そ、それに別にあなたなんかに助けてもらわなくっても、このくらいの拘束……じ、自力で外せるんだからね!!」
もはや、幹部の拷問を待つ身でしかないライガーレディ。
一刻も早く自由になりたいのはやまやまではあるが、悪と戦う正義のヒロインとしての彼女の信念やプライドが勝ってしまい、強がって虚勢を張ってしまう。
パンサーレディ「ふ~ん…残念だわ………私、実はあなたのことは気に入ってたんだけどなぁ~……言っておくけど、あの幹部の男はとんでもないサディストで歪んだ性癖の持ち主よ。このままじゃきっとあなた、ただでは済まないと思うわ………でもしかたがないわよね。」
そう言うと、先ほどいったん外したボールギャグを再び嫌がるライガーレディの口に押し込み、ベルトをきつく締め上げるパンサーレディ!!
ライガーレディ「…ッ!!ふぐぐッ…!!」
パンサーレディ「どうやらこれがよっぽど好きなようだしね♡ふふ、かわいい娘にこれって、すごくよく似合うのよね♡」
ライガーレディ「むぐぐ…!!」(くっ…!あんたの方がよっぽどサディストじゃん!!)

一縷の望みかと思われたパンサーレディだが、しょせん彼女も悪の手先でしかないのであろうか!?どうなるライガーレディ!?


DLsiteとDMMにてCrysis緊縛画集を販売
http://crysis2013.x.fc2.com/html/doujin.html

ホームページ
緊縛!縄目の恥辱をうけし女傑
http://crysis2013.x.fc2.com
ライガーレディ危機一髪!!vol.5
捕らわれの身となり、ダークハンター基地の地下牢へと監禁されてしまったライガーレディ……

ライガーレディ(……な、なんでボク捕まってんの…?たしかダークハンターと戦っていて、幹部の怪人を追い詰めて…それから……そうだ!!そのあと、誰かに後ろから殴られたんだ!!………なんてこと……慢心して殺気に気づけないなんて………ふぇ~…ボクもまだまだ修行が足りないなぁ………と、とにかくまずはこの縛めをなんとかしないと!!)
ライガーレディ「ん……んん…んッ!!んん!!ん~んッ!!」
ぎしぎしという、縄のきしむ音とともに身体を揺さぶり縄を解こうともがくライガーレディ。
ライガーレディ「んッ!!んッ!!んん~んッ!!んッ!!んん~ッ!!」
しかし一向に縄はゆるまない……
ライガーレディ(………かなり固く縛られてるみたい、ぜんぜん抜けらんない……せめてもう少し手首の縄がゆるめば……)
ライガーレディ「んんッ!!ふぐぐ~ッ!!んんん~ッ!!」
今度は怪力で強引に縄を引きちぎろうと試みる。
ライガーレディ(だめだ…ビクともしない……!!けど、ライガーレディの力でもだめだなんて……そういえばさっきあの怪人が言ってたな、この縄、特殊な素材でできてるって………で、でもこのくらいでへこたれるもんか!!)
それから必死に縄から脱出しようと、渾身の力を振り絞って暴れてみた。
しかしそれでも縄がゆるむ気配はまったくなく、縄のきしむ音とボールギャグ越しから漏れるライガーレディの喘ぎ声にも似た、くぐもった声だけが地下牢にむなしく響いていた………

ライガーレディ(………どうしよう…どうしたら……尻尾は自由だけど固い結び目を解けるほど器用じゃないんだよねこれ………そうだ!ライガースパークなら…!!ボクもダメージを食らうかもだけど、四の五の言ってられる状況じゃないし……よ、よし…今度こそ!!)
ライガーレディ「ふぁいあーふふぁーふ!!(ライガースパーク!!)」
しかし、全身から強力な電撃を発することができるはずのライガースパークは出ない。
ライガーレディ(あ、あれ??……もう一度…!!)
ライガーレディ「ふぁいあーふふぁーふ!!ふぁいあーふふぁーふ!!(ライガースパーク!!ライガースパーク!!)」
しかし何度挑戦してみても、一向に電撃が出る様子はない。
ライガーレディ(どういうこと!?ライガースパークは身振り手振りがないとだめなのかな……手足を縛られたまんまじゃ出せないってこと??………ふぇ~ん!!こ、これってもしかして絶体絶命ってやつなんじゃ…)
ついに万策尽き、緊縛からの脱出は不可能であると悟らされるライガーレディ。

ライガーレディ(グス………動けないって、なんだか怖い……ボク、これからどうなるんだろ………)
超人的な力を持つ無敵の女戦士ライガーレディ……しかしその精神はまだまだ未熟な少女にすぎず、決して解けない緊縛の前に絶望感がその身だけでなく、彼女の心までをも縛リ上げようとしていた………

まさに生命と貞操の最大の危機を迎えることとなってしまったライガーレディ、はたして彼女はこの苦難を乗り越えることができるのであろうか!?


DLsiteとDMMにてCrysis緊縛画集を販売
http://crysis2013.x.fc2.com/html/doujin.html

ホームページ
緊縛!縄目の恥辱をうけし女傑
http://crysis2013.x.fc2.com
ライガーレディ危機一髪!!vol.4
※茜れおからライガーレディに変身すると、一人称が『ボク』から『私』となり、挑発的な言動が多くなる。これは女の子で『ボク』という特徴的な一人称の茜れおが、身近な人達や世間に、正体がばれないようにするためにあえて言葉使いを変えるよう、彼女に力を与えた『精霊』によって相当教育されてきたからなのである。
よってここからは、ライガーレディが実際に喋っている「」内のセリフ部分の一人称は『私』だが、彼女が頭の中で考えている()内のセリフ部分の一人称は『ボク』となる……という設定でお願いします(笑)


薄闇のなか、ぼんやりとした意識のまま目を覚ますライガーレディ……
ライガーレディ(う…ううん……揺れてる……?ボ、ボク…いったい……)
意識がもうろうとするなか、ちらりと横目を使う、すると間近にダークハンターの戦闘員らしき顔が!!
はっと、我に返り反射的にすぐさま反撃に転じようと試みる!!しかし、手が出ない!!
ライガーレディ(あ、あれ??手が動かない…??)
そう、すでに彼女の両腕は後ろ手に縛リ上げられており、手を出そうとしてもぎしぎしと縄のきしむ音とともに手と指がむなしく空を切るだけであった。
ライガーレディ「むググ、ムぐ…!!」(……!?口に何か入れられてて、声が……!!)
しかも、口には口枷としてボールギャグがはめられており、ベルトがきつく彼女の頬に喰い込んでいた。
戦士としての絶対的な強さだけでなく、気高い美貌をも兼ね備える彼女であるがゆえに、そのさまはいっそう被虐性が際立って見えた。
ライガーレディ(な、なにこれ??ボク、縛られてんの!?)

ようやく自分が拘束されてることに気がつくライガーレディ、しかもその状態で地下へと階段を下っていく縄師部隊2号の肩に担がれている最中であった。
ライガーレディ「ふぐ…!ふぁあふぃふぇ!!(離して!!)ふぁあふぃふぁふぁいお!!(離しなさいよ!!)」
くぐもった声でボールギャグ越しに叫びながら、縄師部隊2号の肩の上で暴れ出すライガーレディ。
ライガーレディ(もうやだ!!口になに入れられてんのこれ!?)
すると同行している、縄師部隊1号が薄ら笑いを浮かべながら話しかける。
縄師部隊1号「ケヘヘ、ようやく正義のヒロイン様のお目覚めようだな、だが暴れても無駄だぜ、そのロープは特殊な素材でできていてな、いくらお前の馬鹿力でも絶対に切れはせんぞ!!」
ライガーレディ「……!」

そうこうしているうちに、地下牢がある基地の最下層へとたどり着いてしまう。
どさっ!!縛られたまま牢の床に粗末に放り捨てられるライガーレディ。
縄師部隊1号「ケヘヘ、しばらくそこでおとなしくしているんだな、あとからボスがお前を直々に可愛がってくださるそうだぜ!!」
縄師部隊2号「ゲゲゲ、覚悟しておくんだな!!ボ、ボスの拷問はめちゃくちゃ痛いんだぜぇ~」
通常であればこんな2人の戦闘員くらい、訳もなくかたづけられるであろう彼女だが、厳しく手足を拘束された上に口枷までされている今、できるのは眼差しで反抗し睨み返すことくらいである。
ガチャン…!!牢の扉が閉じられ、あとは幹部の拷問を待つだけの身となってしまったライガーレディ……

はたして彼女は、この絶体絶命のピンチを無事脱することができるのであろうか!?


DLsiteとDMMにてCrysis緊縛画集を販売
http://crysis2013.x.fc2.com/html/doujin.html

ホームページ
緊縛!縄目の恥辱をうけし女傑
http://crysis2013.x.fc2.com
ライガーレディ危機一髪!!vol.3
ダークハンター一味を圧倒するも、ふとした油断から不意を突かれ倒されてしまったライガーレディ……

幹部「ククク、いでよ!!縄師部隊!!」
幹部が杖を振ると、幹部の左右から土煙とともに荒縄を携えた二人の戦闘員が現れた。
ダークハンターには、獲物を捕縛するためのプロの縄師部隊が存在するのだ!!

幹部「さあ、縄師部隊1号2号よ!!こやつが目を覚まさぬうちに、さっさと拘束してしまうのだ!!」
縄師部隊1号2号「ハイィィーッ!!」
幹部「この怪力娘が目を覚まして、また暴れられでもしたらかなわんからな!!念入りに縛り上げておくのだぞ!!」

やせ型の縄師部隊1号がまず、気を失ってうつ伏せに横たわっているライガーレディの両手を後ろにまわし、手首を彼女の腰の上くらいの高さで交差させ縄をかけ縛っていく……
そして手首を拘束した後は、乳房の上と下に何重にも縄を打ち厳重に縛り上げ、両腕も動けなくした。
乳房の上下を締め上げられてることに加え、両手を後ろにまわす格好をとらされていることでライガーレディの豊満なバストがよりいっそう強調される……
上半身の拘束が終わると、次に黒いロングブーツに彩られ、ショートパンツから艶めかしく伸びる2本の長いなま脚を揃え、足首と膝上をきつく締め上げながら縛っていった。
縄師部隊2号「ゲゲゲ、このムチムチの太ももめ!!こいつに俺たちの仲間がどれだけやられてきたことか!!」
小太りの縄師部隊2号が、荒縄でぎっちりと縛り上げられたライガーレディの太ももを、よだれを垂らしながらべろ~んと舐め回す。
もちろん、こんなことを彼女が意識のある時にしようものなら、ライガースパークで一瞬で黒焦げにされるか、鉄拳か蹴りで昇天させられてしまうのがオチであろう……
しかし今のライガーレディは、このいやらしい怪人たちのされるがままである。
こうして彼女を縛り上げ自由を奪ったあとは、仕上げとして彼女の口にボールギャグをはめ込み、うなじでベルトをきつく締め上げた。
縄師部隊1号「よぅし、これでこいつが目を覚ましても生意気な口答えもできまい!!」
縄師部隊2号「ゲゲゲ!!さしものライガーレディもこうなってしまっては何もできないな!!じゃじゃ馬もおとなしくするしかないな!!」
幹部「ご苦労!!そやつは基地の地下牢にでも放り込んでおけ、後ほど吾輩自らが直々に尋問をしてやろう!!」
縄師部隊1号2号「ハイィィーッ!!」
厳重に拘束されたライガーレディの肢体は、縄師部隊2号によって担がれ、ダークハンター専用の黒いワンボックスカーの中にまるで荷物の様に放り込まれてしまった。

ついにダークハンター一味の手に堕ち、捕らわれの身となってしまったライガーレディ……はたして彼女の運命やいかに!?


DLsiteとDMMにてCrysis緊縛画集を販売
http://crysis2013.x.fc2.com/html/doujin.html

ホームページ
緊縛!縄目の恥辱をうけし女傑
http://crysis2013.x.fc2.com