FC2ブログ
緊縛された戦乙女
主に緊縛された戦う乙女たちの活躍(?)を描いております。
おじさん、ボクを縛って!!(前半部2/2)
敵に捕まってしまった時の対策としてライガーレディこと茜れおが、おじさんとエッチな縄抜け特訓をする『おじさん、ボクを縛って!!』、前半部の続きでございます。
例のごとく(?)れおのCVは『ア○カツ!』などでおなじみの、諸○すみれちゃんで脳内補完をお願いします。(大事なことなのでw)


れお「ふぇ?なに、その帯?」
おじさん「いきなり麻縄で縛るのもなんだから、まずは軽くこの帯でれおちゃんを縛ってみるから、そこから抜け出すところから始めようか」
れお「……うん、わかった……お願いします………」
そう言うと、手を後ろにまわすれお。
おじさん「いいんだね?本当に縛るよ?」
れお「う、うん……」
やや緊張した面持ちながらも、すでに覚悟は決めている様子である。
ぎゅ……!帯を彼女の手首にかけると、手際よくそのままきつく締め上げる。
れお「ふぇ…!」
顔を赤らめながら身体がビクッと敏感に反応するれお。
おじさん「大丈夫?痛くないかい、れおちゃん?」(ほぉ…この反応、いいねぇ~♡れおちゃん、空手なんてやってて勝気なわりに意外とマゾっ気が強いようだねぇ♡)
れお「……うん…平気………」(ふぇ……な、なにこれ……なんか…変な気分……)
おじさん「よし、これでいい……どうだい、れおちゃん?自分でほどけるかな?」
おじさんがそう言うと、身をよじらせながら拘束を解こうと試みるれお。
れお「ん…んん……!」
やや苦戦してはいるものの、彼女の両手を拘束しているのは所詮は帯、徐々にゆるんでいき最後は見事解くことに成功する。
おじさん「おおッ!すごいすごい!!さすが、れおちゃんだ!!」
れお「えへへ、このくらい楽勝だよ♡」
おじさん「よし、じゃあ次はいよいよこの縄で縛ってみようか!」
れお「……う、うん………」
麻縄を見て、少し不安げな表情を見せるれお。
おじさん「どうだい?ちょっと触ってごらん?」
そんなれおの不安そうな心情を察したのか、おじさんは彼女に麻縄の感触を確かめさせる。
れお「い、意外とやわらかいんだね……」
おじさん「そうだよ、怖くないでしょ?」
れお「……ねぇ、おじさん………」
おじさん「ん?なんだい?」
れお「さ、さっきの女の人がたくさん縄で縛られてる本なんだけどね……」
何やら目を横にそらしながら、恥ずかしげに話すれお。
おじさん「!?い、いや、だからあれはね、俺の友達が……!!!(汗)」
れお「ち、違うの!!………あ、あのね……ボクも…あんなカンジに縛られてみたいなって………」
おじさん「えっ!?え~っ!!?あれ、亀甲縛りとかだよ!お、お股に喰い込ませちゃったりするんだよ!」
れお「……ボ、ボクね、この前あいつらに捕まっちゃった時、そういうふうに縛られちゃったんだ……だ、だからさ、縛り方もその方がより実戦向きだと思わない?」
おじさん「ゴクッ……れ、れおちゃん……奴らに、そんな目に………よ、よし、わかった!!わかったよ、れおちゃん!!本当にいいんだね!?」
れお「う、うん……お願い………します……」

ついに、麻縄を使っての縄抜けに挑戦することになったれおちゃん!!
う~ん……それにしても彼女、縄抜けの修得という本来の目的とは別に、何かミョ~な趣味に目覚め始めてはいないだろうか?

※このライガーレディシリーズ待望(?)の続編、『おじさん、ボクを縛って!!』はイラスト+ノベル作品として、明後日10/12(金)にDLsiteとDMM(現FANZA)にて発売予定となっております。


DLsiteとFANZA(旧DMM)にてCrysis緊縛画集を販売
http://crysis2013.x.fc2.com/html/doujin.html

ホームページ
緊縛!縄目の恥辱をうけし女傑
http://crysis2013.x.fc2.com
スポンサーサイト
[PR]

[PR]

おじさん、ボクを縛って!!(前半部1/2)
ライガーレディシリーズ、待望(?)の続編であります!!
今回は、敵に捕まってしまった時の対策としてライガーレディこと茜れおが、おじさんとエッチな縄抜け特訓をしちゃいます♡
ちなみにヒロイン、れおのCVは『ア○カツ!』などでおなじみの、諸○すみれちゃんで脳内補完をお願いします(笑)

茜れお私服

「おじさん、ボクを縛って!!」
とある家の一室、突然中年ほどの男性に向かいこう言い放つひとりの少女……
彼女の名は「茜(あかね)れお」、ティーン向けのファッションモデルをしている、サイドテールがトレードマークのボクっ娘JKである。

中年の男は、れおが幼い頃からの近所の顔見知りで彼女は「おじさん」と呼んでいる。
そしておじさんは、茜れおが巷のスーパーヒロイン「ライガーレディ」の正体であることを知る唯一の人物でもある。
おじさん「と、とと突然何を言い出すんだい!??れおちゃん!??」
れおのあまりの大胆な懇願に、飲んでたお茶ごと吹き出すおじさん。
れお「あっ!ごめんね、いきなりこんなこと言ってびっくりするよね?実はね………」
れおは昨晩、ダークハンターとの戦いにおいて不覚を取り、捕らわれの身となってしまったことをおじさんに語った。※『ライガーレディ危機一髪!!』より

れお「でね、捕まってた時ずっと縛られてて、めっちゃピンチだったんだぁ~……だからさ、ボクもいざという時のためにくノ一とかみたいに縄抜けの術ができるようになっときたいなって思ったんだ!!」
そんなれおの話に聞き耳を立てていたおじさんは、ライガーレディに変身しよりグラマラスで肉感的になった彼女が麻縄で縛り上げられ悶えている姿を想像すると、淫靡な興奮を抑えきれずにいた。
そして冷静さを装いながらも、彼の股間のイチモツはすでに大きく膨れ上がっている状態となっていた。
そう、彼は根っからの緊縛マニアで、三度の飯よりオンナを縛ることが大好きという性癖の持ち主なのだ。
ちなみに、元プロの縄師である。
れお「おじさんて、縛るのとか得意だよね?」
おじさん「えっ!?」
以前れおは興奮したおじさんからセクハラを受けそうになった時、得意の獣王流空手で彼をのしてしまったことがあった。
その時おじさんを足蹴にしたれおは、お仕置きとして彼に縄で縛られてしまったという経緯があり、彼がいかに緊縛が得意なのかをよく理解していたのだ。※『おじさんと誘拐ごっこ』より

れお「あ、あの…おじさん、あの時は思いっきり踏んづけちゃって、その……ごめんなさい!!」
そう言うと手を前に合わせ、ペコリと頭を下げるれお。
おじさん「い、いやいや!!あんなの気にしなくてもい~んだよ、おじさんもあの時は急に女らしく成長したれおちゃんについ興奮してしまって、もう少しで前科者になるところだったからね(汗)」
このおじさんの、「女らしく」というフレーズにちょっぴり上機嫌となり、微笑むれお。
れお「……ふふっ、そうだね……!」
れおの家は獣王流空手の道場をしており、幼い頃から男連中に囲まれて育てられてきたため、自身を「ボク」と呼ぶなど、性格はかなりボーイッシュなものとなってしまった。
そのため、いわゆる女らしさには人一倍のあこがれを持つようになったのだ。
そんな彼女が、可愛らしい服がたくさん着れるファッションモデルに憧れるようになったのも必然といえるのかもしれない。
おじさん(うむうむッ!!良い子に育ったなぁ~、れおちゃん!!自分の非を素直に認め謝れるなんて、今時なかなかできるもんじゃないぞよ!!きっとこれは、日頃からの俺の教育の賜物に違いない!!)

おじさん「………う、うむ、では縄抜けを会得したいから、おじさんに縛ってほしいってことでいいね?……ってあれ?れおちゃん??」
気が付くとれおは部屋の机の上にあった一冊の本を手に、興味津々そうに見入っていた。
れお「………」
セクシー女優の緊縛写真集である。
おじさん「あっ!?そ、それは!!?」(し、しししまったぁ~ッ!!すっかり忘れていた!!さっきその本でシコろうとした時、突然れおちゃんが訪ねて来たから…!!)
初めて見るこの手の本に戸惑うれお、頬を赤らめながら不審そうな目つきでおじさんを睨む。
れお「あ、あのさ、おじさん……ボク、一応マジメに縄抜けを覚えたいと思ってるんだ………だ、だからさ、エッチな気持ちで縛るのとかはナシだからね……!」
おじさん「も、もちろんだよ、れおちゃん(汗)お、俺はそんなSMみたいなのは……き、興味はないんだよ!ああ、そうだ!!思い出した!!その本は確か昨日、友人が忘れていった物だったよ!!いやぁ~、まったくしかたないなぁ~、あいつめ!!」
……もちろん、大嘘である。
しかしあくまでも、れおの前では尊敬すべき人生の先輩として紳士を装おうとしていた。
れお「ほんとぉ~??」
おじさん「ア、アハハ……ほ、本当さぁ~れおちゃん、お、おじさん嘘なんかつかないよぉ~、アハハ………」
れお「ふぅ~ん………うん、わかった!!信用する♡それじゃ、よろしくお願いします!!」

こうして、茜れおの縄抜け特訓は始まった……
はたして彼女は無事、縄抜けを会得することができるのであろうか?
それにしてもれおちゃん、あまりに無防備すぎはしないだろうか?
顔見知りとはいえ、こんな危険人物相手に自分を縛ってほしいなどと……年頃の女の子としては相当にヤバいのでは……??


DLsiteとFANZA(旧DMM)にてCrysis緊縛画集を販売
http://crysis2013.x.fc2.com/html/doujin.html

ホームページ
緊縛!縄目の恥辱をうけし女傑
http://crysis2013.x.fc2.com