FC2ブログ
緊縛された戦乙女
主に緊縛された戦う乙女たちの活躍(?)を描いております。
ライガーレディ危機一髪!!vol.6
れお、初めての緊縛

ダークハンターの手に堕ち、捕らわれの身となってしまったライガーレディはその身を強力な特殊な素材でできた縄で拘束され、絶体絶命のピンチに陥ってしまう。

脱出不可能な緊縛の前に意気消沈するライガーレディ。
ライガーレディ「…グス………」(ボク…これからどうなるんだろ………それにしても…すごい縛り方だな……く、喰い込んでるし……これってよくSMとかで女の人がされてるなんとか縛りってやつかな?)
ライガーレディ「ん…んん……んん~♡」
ぎし…ぎし……女座りでよがり声をあげながら、縛らせた体を妖しくくねりだすライガーレディ。
ライガーレディ(な、縄で縛られんのって、なんだか変な気分になってくる…かも……こんなふうに縛られながらエッチとかしたらヤバそう………)
ライガーレディ「んん…んぐぐ…ふぐぅ……♡」
今度は縛られたまま立ち上がり、淫靡に縄が喰い込むその肉感的でしなやかな肢体を艶めかしくよじりながら尻尾や腰を振りだした。
正義のヒロインとはいえ、彼女も思春期の生身の女の子、人並みに性に対する好奇心は持ち合わせているようだ。
ライガーレディ(や、やばいかも……だんだん気持ちよくなって………け、けど初体験でいきなり縛ってするのもちょっとハードルが高いかな……ってボクいったい何やってんだよ…!!)

と、そのとき監禁されてるライガーレディ以外誰もいないはずの牢内に何者かの気配が…!!
女の声「あらあら♡お楽しみの最中だったかしら?」
ライガーレディ「ムググ…!?」(ふえっ!?パ、パンサーレディ!?なんでここに!?あっ、やば…!!今の見られたかな………)
パンサーレディとはライガーレディのライバルで、ことあるごとに対立してきた謎の女戦士である。
しかも、ライガーレディ以上にお色気ムンムンのおねえさまでもあるのだ♡
パンサーレディ「ふふっ!!」
不敵な笑いを浮かべながらライガーレディの後ろから彼女のうなじに絞められた、口枷のベルトに手をやり、ボールギャグをはずすパンサーレディ。
パンサーレディ「ずいぶん素敵な格好をしているのね、あなたにそんなシュミがあるとは知らなかったわ♡けど…なかなかセクシーよ♡」
ライガーレディ「ふ、ふん…あいかわらず、どこにでも湧いて出るのね!!いったい、ダークハンターの手下様が何の用かしら?どうせ、やつらに無様に捕まった私を笑いにでも来たんでしょうけどね!!」
パンサーレディ「あら、猿轡を外してあげた途端に、ずいぶんごあいさつじゃない?あいつらとは単なるビジネスでの関係よ。別に仲間になったわけじゃないわ。」
……そう、パンサーレディは以前、金で雇われダークハンターの用心棒をしていたこともあり、ライガーレディとは何度か衝突した経緯があった。
ビッチっぽい見た目とは裏腹に根が真面目なライガーレディは、金のために戦士の力を悪用するパンサーレディに対してあまり良い感情を持っているわけはなかった。
パンサーレディ「そうねぇ~、あなたの返答次第で縄を解くか、再びこの猿轡を噛ませるか決めようかしら?顎がきついのはもういやでしょ?」
ライガーレディ「な、なによ……」
信用できない、というような目つきでパンサーレディを強く睨みつけるライガーレディ。
パンサーレディ「実は今大きな仕事を請け負っていてね、私ひとりじゃ、ちょっと手こずりそうなのよ。だからあなたに手伝ってもらいたくてね、もちろんギャラは山分けってことでいいわよ♡」
ライガーレディ「!?私に悪事の片棒を担げっていうの!?ふん!!お断りよ!!そ、それに別にあなたに助けてもらわなくっても、このくらいの拘束…自力で外せるんだからね!!」
一刻も早く自由になりたいのはやまやまだが、彼女の信念やプライドが勝ってしまい、強がって虚勢を張ってしまう。
パンサーレディ「ふ~ん、残念だわ、私…あなたのこと実は気に入ってたんだけどなぁ~…言っておくけど、あの幹部の男はとんでもないサディストよ、このままじゃあなたきっとただでは済まないわよ………でもしかたがないわね。」
そう言うと、先ほどいったん外したボールギャグを再びライガーレディの口に押し込みベルトをきつく締め上げるパンサーレディ!!
ライガーレディ「!!ふぐぐッ…!!」
そして、再び口枷をされてしまうライガーレディ!!
パンサーレディ「どうやらこれがよっぽど好きなようだしね♡ふふ、よく似合ってるわよ♡」
一縷の望みかと思われたパンサーレディだが、しょせん彼女も悪の手先でしかないのであろうか!?どうなるライガーレディ!?


DLsiteとDMMにてCrysis緊縛画集を販売
http://crysis2013.x.fc2.com/html/doujin.html

ホームページ
緊縛!縄目の恥辱をうけし女傑
http://crysis2013.x.fc2.com/
スポンサーサイト
[PR]

[PR]

コメント
コメントの投稿
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する